合コンでモテる女はさりげないスキンシップが上手い

スポンサーリンク

合コンでモテる女に共通して言えるのが、さりげないスキンシップのうまさだと思います。

 

たとえば、隣に座って話をしているときに、あいづちと一緒に、ポンポンと膝を触られただけで、ドキッとしてしまうのが男の心理。

 

もしかしてオレに気があるのかなと思ってる矢先、ちょっと席をたつときに、肩に触れられたら、あれれれ、ホントに気があるんじゃないかと意識しまくってしまいます。


スキンシップは、会話以上に一気に距離を縮めることができる魔法のようです。

 

ですが、このスキンシップ、あくまで、さりげなくというところがとても重要です。

 

モテる女とそうじゃない女の違いは、このさりげなさなのかもしれません。

 

合コンという、初対面同士が集う場で、いきなりベタベタとスキンシップされたら、それはかなりひいてしまいます。

 

モテる女は、さりげなくがうまい女です。

 

男ゴコロをくすぐるようなさりげなさ。

スポンサーリンク

「あれ、今、ちょっと触ったような」というくらいのさりげなさが、合コンではちょうどいいのです。

 

モテる女はまた、合コンでのスキンシップの上手い手段を知っています。

 

そのひとつが、指きり

 

じゃあ約束ね、指きりしようと可愛く言ってみせるのです。


それから、すごい筋肉、腕相撲強そう、などと言い、腕相撲をしようと持ちかけてきます。

 

そして、私は両手で勝負ね、などと言って、ギュッと両側から握られたら、もう男は虜になってしまうかもしれません。

 

このモテる女のさりげなさは、合コンに参加している男の側からまず見抜かれないところがまた素晴らしいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加